矢野アカデミー

カナダで出会った「新渡戸稲造」

エッセイ 3


☆ カナダで出会った「新渡戸稲造」
    ≪その知られざる魅力

  B    札幌農学校そしてアメリカ留学

東京に住んでいる太田叔父さんの養子になった稲造が盛岡から東京
にやってきたのは、9歳 明治4(1871)です。名前も太田稲造と変わ
りました。そのころの東京はレンガ
造りのビルが建ち並び、道もどんどん整
備され、馬車が走り、翌年には新橋・横浜間に
鉄道が開通するなど、
文明開化の音が鳴り響いていました。ちょんまげも切り、着物では
なく、
洋服を着る人も多くなり、そんな光景を見て稲造はびっくりしたことでしょう
そして
すぐに英語学校に入ります。当時は西洋に追いつけと、若者の間
で英語学習がかなり
ブームになっていたようです。

そして15歳のとき、祖父や父の遺志を継ぎ、農学を学ぶため、創立さ
れたばかりの
札幌農学校(いまの北海道大学)2期生として入学します
アメリカから教頭として
招いたクラーク博士はわずか8ヶ月だけの在任でし
たが、農学校の基礎を作り、
キリスト教精神なども教え、1期生に大きな
影響を与えました。


  「少年よ、大志を抱け」はあまりにも有名です。
稲造が入学したときは、すでに
クラーク博士はいませんでしたが、1期生を
通して、博士の影響はとても大きく、
キリスト教の洗礼なども受け、クリス
チャンネームは「パウロ」にしたようです。同期には
生涯の友となるキリスト
教伝道者の内村鑑三などもいました。授業はすべて英語で
行なわれ、
聖書や多くの本を原書でむさぼるように読んだようです。当時の若者の
外国の文化を吸収し、世界の仲間に入りたいという強い意欲が感じられ
ます。


 そして3年生(18)のとき、稲造にとって痛恨の出来事が、母の死です。
9歳のときに別れてから、一度も会っておらず、頑張っている大学生活の
ことをぜひ
母親に報告したいと思っていた稲造にとって、母の死に目にも
会えなかったことは、
悔やんでも悔やみきれないことでした。かなり落ち込ん
で病気になってしまったよう
ですが、学友などの励ましを受け、立ち直った
というエピソードもあります。また
その後の彼の文書などにも、亡き母に対
する後悔の念のくだりが多く見られます。
あまりにも大き過ぎる悲しみだった
のでしょう。


  札幌農学校を卒業して、21歳のとき東京に戻ります。そしてさらなる
勉学のため、
東京帝国大学(いまの東京大学)に入学します。その向学
心には頭が下がる思いです。
そして農学と関係ない英文学などを学びた
い理由として、教授に答えた言葉が有名です。

 「太平洋の橋になりたいと思います」 
それはまさに、「しっかり勉強して、立派な人に
なりなさい」と育てられ、
今は亡き母に向かって自分の志を述べたものだったのでは、と
思えてなりま
せん。UBCの新渡戸ガーデンに「願わくは われ太平洋の橋とならん」の

石碑があります。今まで何回も見ましたが、最初のころは、この言葉が
21歳のとき
のものとは知りませんでした。でもそんなに若い時の決意だった
のか、と分かって、
改めてこの石碑を眺めると、何か胸に迫るものを感じて
しまいました。


         

 そして東京帝国大学で勉強しているうちに、稲造は日本の教育は
外国と比べて
かなり遅れていると感じ始めたようです。もっと新しい学問や
西洋文化を学ぶには
日本では難しく、どうしてもアメリカに行って勉強した
いと思うようになりました。そして
その決意を養父の太田時敏に打ち明け
ます。でも、当時は外国に私費で留学する
などほとんど考えられなかった
時代ですし、洋品店の経営もうまくいっておらず、当然
ダメだ、を覚悟して
いました。しかし養父は「よし、行くがよい」と、なけなしのお金を
用意して
温かく送り出してくれました。


  このようなきびしい状況の中で、未知の外国、アメリカに1人で勉強し
に行こうなどと
考えた稲造もすごいと思いますが、それを許可した養父・
太田時敏の決断も、稲造の
将来性を見据えた素晴らしい英断であった
と確信します。この時の稲造の養父に
対する感謝の気持ちは言葉では
言い表せないほど大きなものであり、のちの著書
「武士道」にもそのことが
記されています。


  そして太田青年は希望と不安を胸に、太平洋のかけ橋になろうと、
アメリカに
旅立ちました。1884(明治17)の秋、稲造22歳のときで
した。


ご意見、ご感想は矢野アカデミー《ホームページ  www.yano.bc.ca》まで
お願いします。
                                                               


                 


Copyright (C) 2008 Yano Academy. All Rights Reserved.